デュエプレTOP

関連リンク

デュエプレ殿堂(DP殿堂)

以下のカードはデッキに1枚までとなります。

  • 無双竜機ボルバルザーク(3弾)
  • ストリーミング・ビジョン(1弾)
  • インビンシブル・テクノロジー(6弾)
  • 超神星アポロヌス・ドラゲリオン(7弾)

バランス調整:7/21~

公式サイトより引用

7月上旬から中旬にかけてランクマッチの対戦データを集計し、分析いたしました。

  • 超神星アポロヌス・ドラゲリオン

DP殿堂

《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》を使用したデッキは、New Divisionにおいて、使用率が12.9%勝率は54.8%先攻勝率は58.8%で、60%を上回るランク帯も確認されました。
All Divisionにおいては、使用率が11.2%勝率が55.0%先攻勝率は58.8%で、こちらでも60%を上回るランク帯も確認されました。
このカードを使用したデッキの使用率及び勝率は、New DivisionとAll Divisionの両方で高い状態が続いており、特に6月10日のカード能力の変更実施後、その数値は上昇傾向にありました。
また、今後登場予定のカードや能力を加味して検討した結果、このカードがランクマッチの流動性、多様性に対し与え続ける影響は、今後も極めて大きいであろうと判断しました。

上記のことから、下記1枚の使用可能枚数を変更する必要があると判断いたしました。

※9弾EXにて『ニンプウ・タイフーン』登場しルピアが探しやすくなるか、というところでDP殿堂に。ヘリオライズ4積みする手もありますが、他の勝ち筋を入れないと厳しいですね。紙からティラノドレイクが削除されてるので『ジャック・ライドウ』でサーチできないのは痛手か。砕いてゼロフェニ使えと言う運営からのお言葉でしょうか。

◆補償期間
2021年7月21日(水)メンテナンス終了後 ~ 2021年8月12日(木)メンテナンス開始まで
※補償期間終了後、分解時に獲得できるDMポイントは元の数値に戻りますので、あらかじめご了承ください。
※8月12日のメンテナンスにつきましては、変更する可能性がございます。変更がある場合、改めて日程をご案内させていただきます。

◆今後について
これからも皆様により良いゲームバランスをご提供し続けるべく、対戦データの集計と分析を今後も実施してまいります。ゲームバランスを調整する為、必要に応じてカード能力変更などの対応を行う場合がございます。下方修正となる場合は、当該カードを分解した時に獲得できるDMポイントの数値変更によって補償いたします。

皆様に楽しんでいただけるゲームバランスを維持できるよう注力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。

大会レポート

BATTLE ARENA(公式大会)

非公認大会

その他

↓自分用デッキカラーの呼び方↓

2色(友好色)

  • 白青 オジュタイ
  • 青黒 サイカ
  • 黒赤 コラガン
  • 赤緑 ステロイド
  • 緑白 ドロモカ

2色(対抗色)

  • 白黒 オルゾフ
  • 青赤 イゼット
  • 黒緑 ゴルガリ
  • 赤白 ボロス
  • 緑青 シミック

3色(友好色)

  • 白青黒 ドロマー
  • 青黒赤 クローシス
  • 黒赤緑 デアリガズ
  • 赤緑白 リース
  • 緑白青 トリーヴァ

3色

  • 白黒緑 ネクラ
  • 青赤白 ラッカ
  • 黒緑青 アナ
  • 赤白黒 デイガ
  • 緑青赤 シータ

バランス調整

2021/6/10

公式サイトより引用

5月下旬~6月上旬のランクマッチを分析した結果の調整とのことです。

  • 連珠の精霊アガピトス

■バトルゾーンに出た時、自分の山札から光のコスト以下のクリーチャーを探索し、1枚をバトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
■自分の光のコスト以下のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワーが一番小さい、アンタップしているクリーチャー1体をタップする。(複数あるなら、その中からランダムに1体)

《連珠の精霊アガピトス》を使用したデッキは、New Divisionの特定のランク帯において、使用率が38.8%勝率は50.3%でした。このカードの使用率は、NewDivisionとAll Divisionの両方で高い状態が続いており、第9弾カードパックが発売した後も大きな変化はございませんでした。

アガピトスエンジンとしてウルコス、アラゴナイトが出せなくなるので、使用率下がること間違いありませんね。使われるかどうかは改めてリストを見ないと断言できませんが、インフレが進み光2コス帯にいいのが来たら復権も?

  • キングダム・ゲオルグ

■バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべて1体をタップする。
■攻撃する時、自分の他のクリーチャーをすべて1体をアンタップする。

《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》を使用したデッキは、New Divisionの特定のランク帯において、使用率が21.6%勝率は50.3%でした。このカードの使用率もNewDivisionとAll Divisionの両方で高い状態が続いており、かつ《連珠の精霊アガピトス》と組み合わせて使用されるケースが非常に多いということを確認しております。この2枚がランクマッチの流動性、多様性に対し与え続けている影響は、極めて大きいと判断しました。

こちらも使用率は下がると思われますが、環境次第?でしょうか。今回の中では一番マシですね。

  • 驚天の超人

■コストを3→

《驚天の超人》を使用したデッキは、New Divisionの特定のランク帯において、使用率が11.9%勝率は57.3%でした。先攻勝率が60%を超える日があったことも確認しております。このカードに関しましては、使用率、勝率ともに本来の想定を上回っており、このカードの与えているランクマッチへの影響について対処する必要があるとの判断に至りました。

運命の選択から出せないのは良しとして、アルバトロスで出せる5を超えてしまいました。流石に無理かと思われます。

  • インビンシブル・テクノロジー

DP殿堂

また、《インビンシブル・テクノロジー》を使用したデッキに関しては、現状では使用率、勝率ともに問題はないことを確認しております。しかし、今回のカード能力の変更による影響と、今後登場予定のカードや能力との組み合わせを加味して検討した結果、この機会にこのカードにも対処する必要があると判断しました。

1枚では厳しいと思いますね。今後出るカードと言えば、エンペラー・キリコなどでしょうか。合わせて使われていたキング・レムリア、ルナ・コスモビューらのポイントが痛いですね。

・総括
直近のアンケートから素早い対応でしたね。嫌いなカード3つにアガピトス、驚愕の超人、アルバトロスを挙げました。(5つならにゲオルグ、竜極神かな?)。使うカードでもあったので好きでもあり嫌いでもあると言った感じです。テクノロジーはちょっと意外でしたが、概ね納得の調整対象だったのではないでしょうか。

※補償期間
2021年6月10日(木)メンテナンス終了後 ~ 2021年6月25日(金)メンテナンス開始まで

・これからのゲームバランス及び対応について(引用)

◆今後について
これからも皆様により良いゲームバランスをご提供し続けるべく、対戦データの集計と分析を今後も実施してまいります。ゲームバランスを調整する為、必要に応じてカード能力変更などの対応を行う場合がございます。下方修正となる場合は、当該カードを分解した時に獲得できるDMポイントの数値変更によって補償いたします。

皆様に楽しんでいただけるゲームバランスを維持できるよう注力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。

2021/3/25

2021/3月上旬のランクマッチを分析した結果の調整とのことです。

  • ストリーミング・ビジョン

DP殿堂
光タッチツヴァイでのAD使用率11.9%(3位)勝率54.1%(1位)でした。ND使用率は5.7%でした。

  • ジェネラル・クワガタン

cipマナブーストを削除
「ドリメ」を中心としたデッキのND使用率24.5%(1位)勝率52.8%(2位)でした。また特定のランク帯においては先行勝率が60%を超えていました。

  • 剛勇フルメタル・レモン

パワーを1000
山札削りを8枚→10枚
5c天門のND使用率19.7%(2位)AD使用率18.2%(1位)でした。またアガピトスとレモンの採用割合が高く、別デッキでの採用率は高かった。

  • 超神龍アルグロス・クリューソス

コストを8→
cipタップの数を2体→3体までに

  • スナイプ・アルフェラス

他のドデビル破壊時の自ハンデスをランダム→任意

アルグロスやドデビルデッキの使用率と勝率が想定を下回っていたため強化の調整を。

※ナーフされるカードの分解ポイント補填は3/25のアプデ後~4/22メンテ前まで

タイトルとURLをコピーしました