【OW】ゲンジの特徴と立ち回り、対処法【オーバーウォッチ】

オーバーウォッチ界トップクラスの使用難度を誇り、変幻自在かつスピード感あふれる戦闘が可能なヒーローである。

※パッチ1.58調整
【手裏剣】
・リカバリー時間を0.75s→0.68s

【龍撃剣】
・コストを15↑

<開発者コメント>
手裏剣の連射速度を上げウルト以外の影響力を高めました。ダメージの増加に伴い、ウルトのコストを上げバランスを取りました。

特徴

ゲンジ(GENJI)
ダメージロール

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★★☆☆ 瞬間火力は高い
機動力:★★★★ 
耐久性:★★☆☆ 高機動+木の葉返し
汎用性:★★☆☆
適正距離:近(~中)距離
対空性能:★★☆☆ 練度次第
ウルトの強さ:★★★☆ 高威力・機動⇔無防備・高難度
初心者オススメ度:★☆☆☆ 操作難易度が高い

アビリティ

サイバー体術【パッシブスキル】

壁登り

1方向に1度壁を登ることができる。
降りたり、別方向の壁ならばまた登ることができる。

2段ジャンプ

浮遊中にもう1度ジャンプができる。

着地すれば再度使用できる。

高台など有利ポジを確保・荒らしに行ったり、戦闘中の回避として使える。機動力を生かし、しぶとく戦おう。

手裏剣:プロジェクタイル

  • ダメージ:28×3
  • 装填数:30(3発/一射)
  • ヘッドショット:あり
  • リロード:1s
  • リカバリー時間:0.68s

火力もさほど高くなく、弾速が遅いため当てるのは中々難しい。

・メイン射撃
前方に3個手裏剣を投げる。

主に中距離以降の離れた敵を攻撃するときに用いる。

・サブ射撃
拡散範囲:9

扇状に3個手裏剣を投げる。

サブの方が素早く投げれる。

主に近距離でタンクや残り体力が少ない敵に用いる。

風斬り

  • ダメージ:50
  • ヘッドショット:なし
  • CT:8s(キルでリセット

前方に切りつけながら高速移動する。

キルを取るとクールタイムがリセットされる。

高機動、ファイナルブロウを取ることに長けたゲンジの要となる技。

風斬り後にサブ射撃+近接を入れるコンボが可能。ダメージを稼ごう。

使わずに接敵して緊急回避にも使用できる。

高難度テクニックにゴーストダッシュと言われるテクニックがある。
風斬り中にキルを取り即風斬りをすると、モーションなく移動できるテクニックである。ハイセンシで活きるテクニックだが念頭に置いておくと使用時役立つだろう。

木の葉返し

  • 効果時間:2s
  • CT:8s

前方からの弾丸系統の攻撃を剣ではじき返す。

メイン射撃だけでなくアビリティやウルトも返すことができる強力なアビリティ。

  • マクリーのフラバン
  • ソルジャー76のヘリックス・ロケット
  • リーパーのデス・ブロッサム
  • トレーサーのパルス・ボム(難しい)
  • ファラのバレッジ
  • メイのブリザード(投げ始め、基本不利のためあまり狙わない)
  • バスティオンのタンクモード
  • ハンゾーの龍撃波(打ち初めの弓)
  • エコーのボム
  • ロードホッグのホールホッグ、フック(無効化)
  • ザリアのグラビトンサージ(立ち回りから撃ちそうか推測)
  • D.vaのマイクロミサイル
  • モイラのバイオティック・オーブ
  • アナのダーツ、瓶

などが主に返せるものとなる。

ザリアやシンメトラ、ウィンストンなどのエネルギー弾、メイのメイン射撃、シグマの岩など一部の攻撃は返せない。

各キャラのメイン射撃だけでなく、ラインハルトのファイヤストライクは盾を貫通するため積極的に返しウルト貯めに活用しよう。

ソルジャー76やマクリーのウルトも返せるがオートエイムにはならないのでエイム力が必要。

任意のタイミングでキャンセルできるようになり使い勝手がかなり向上し、サブ射撃と龍神剣で切る際に、即座にキャンセルすることで2撃目を早く行えるようになった。(パッドではボタンの数的に難しい)

龍撃剣【ULT】

  • ダメージ:120
  • 効果時間:6s
  • 移動速度:+33%
  • ヘッドショット:無し
  • レート:一振り/1s

メイン射撃が刀を用いた広範囲近接攻撃に変更する。

発動中は無敵になるわけではないため、発動のタイミング・操作には練習がとても必要。

味方にドロップザビート、心頭滅却を合わせてもらうことでより安全に切り込める。

ヒーラー、ダメージキャラを優先的に狙い、風斬りを用いて接近し複数キルを狙おう。

発動時、風斬りのクールタイムはリセットされる。
しかし、風斬りを不用意に使うと接近するすべがなくなるため、使うタイミングはより注意が必要。移動系アビリティを持つキャラには要注意。

慣れるまでは、上空に風斬りし上から敵の配置を見ることで、キル優先・ルートを予測すると動きやすいだろう。味方のナノブーストやザリアのバリア、ゼニヤッタの調和など見方もサポートしやすくなる。

味方のグラビトンサージ、アースシャタ―には積極的に合わせよう。

ナノブーストを貰った際は、ダメージ量が上がりキルに繋がりやすいため、より大胆に強引に攻めていこう。

※パッチ1.58にてウルトコストが15↑

ワークショップ
コード:21YQ6(パリ)QKSD3(花村)
1.敵チームにヒーローを1~6体入れる。

アナに触れるとナノブレード、ゲンジに触れると単独龍神剣の練習ができます。

基本的な立ち回り

基本的にはフランカーとして敵を撹乱するのが主な仕事。
木の葉返しと風斬りのどちらかを用いて退けるようにアビリティを管理しよう。

基本的にはヒーラーを狙いに行くが、ウルトに自信があればタンクを狙い素早くウルトを貯めることも効果的である。

残りHPが少ない敵は積極的に狙いファイナルブロウを取りに行こう。味方とフォーカスを合わせていこう。

ゼニヤッタやアナは移動スキルもないため確実にキルしよう。

高台のソルジャー・マクリーやスナイパーらを墜とすのも仕事である。

回復パックをなるべく自身で取るようにしよう。そうすることでヒーラー負担を減らせる。その為、回復パックの近くで戦えると効果的。

盾割性能はとても低いため、相手を搔き乱す立ち回りができないなら使うべきでない。

相性の良い味方

アナ【NanoBlade】
龍撃剣とナノブーストの相性が抜群である。味方にいる時はよほどウルトゲージに差がない限り合わせて使おう。フランカーであるゲンジを回復するのはエイム力が必要。

・ウィンストン【Dive】
一緒に当たることでゲンジのヘイトを分散できる。範囲攻撃を持つため、キルで火力が上がるゲンジと相性が良い。

・ゼニヤッタ、ブリギッテ
遠くに居ながらフランカーであるゲンジの回復が容易。

・マーシー
ゲンジの回復が容易でダメブで火力、キル速度向上に繋がる。龍撃剣中のダメブも効果的だが連携難易度は高い。

・ルシオ
【Dive】に近いが一緒に当たりながら回復ができる。

対処法・アンチピック

木の葉返し後にフォーカスを合わせてキルに繋げよう。

タンクロールなら
ウィンストン
木の葉返しされず機動力を生かして返り討ちにできる。
風斬りで間合いから離れよう。

ロードホッグ
フック温存で動きを牽制でき、木の葉返しに注意すればフックで確殺できる。またウルトで龍撃剣をいなせる。
味方がフックされた際は、風斬りで詰め木の葉返しで守ることができる。

ザリア
メイン射撃が木の葉返しされず、サージでウルトを無効化できる。
龍撃剣はバリアを見てから発動しよう。

ダメージロールなら
・マクリー、ソンブラ
護衛に向いており、フラバン、ハックで有利を取れる。

・メイ
凍結ブラスターが木の葉返しできない。風斬りで距離を取ろう。

・シンメトラ、トールビョーン
タレットで動きを妨害できる。

・ファラ、エコー
対空にそこまで優れていない(上忍を除く)
エコーなら強力なウルトをコピーできる。

サポートロールなら
モイラ
ゆるいエイムで自己回復もある。オーブは返されないように気をつけよう。

ブリギッテ
木の葉返しごと止めれるバッシュが強力。間合いならほぼ勝てる。

・ルシオ
風斬り、龍撃剣をブープでいなせる。龍撃剣で狙う際は最初に狙わないようにしよう。

などのヒーローを出すと良いだろう。また上記のヒーローがいて活躍が望めない場合は変更しよう。

総評

操作難度と理解力が非常に必要なヒーローであるが、キャリー力があるヒーローでもある。

前線維持能力は高くないため、防衛より攻撃側での活躍が期待できるだろう。

パッチ1.49にて大幅な強化が入った。ゲンジメタとして【ゴリザリ】構成ができるほどのぶっ壊れ具合。

その後弱体化が入り、パッチ1.58にて使い勝手の向上に伴いウルトコストが増加し、以前のようなウルトゲーにはならなそうだが環境入りできるか注目したい。

関連項目

主に使用される構成

  • 【Classic Dive】
  • 【NanoBleade】
  • 【Genji Meta】
  • 【312 Dive】
  • 【The 231】
  • 【Triple DPS Dive】(132)

参考になる有名プレイヤー

  • shadder2k
  • ShaDowBurn
  • Agilities
  • Architect
  • HAKSAL
  • Water
  • Necros

など

タイトルとURLをコピーしました