【OW2】マーシーの特徴と立ち回り、対処法等【オーバーウォッチ2】

唯一無二の蘇生、機動力を活かした安定回復、ダメブでの補助を得意とするサポートヒーローである。

※最近あまり追えてないので、細かい数値など古い情報のままかもしれません。すみません。

特徴

マーシー(MERCY)
サポートロール(メインヒーラー)※DPSの補助(ポケット)が得意

★★★★:高い
★★★☆:やや高い
★★☆☆:やや低い
★☆☆☆:低い

HP:200
火力:★☆☆☆ ダメージブースト
機動力:★★★★ GA
回復力:★★☆☆ 安定単体回復、蘇生
耐久性:★☆☆☆ 自己回復+GA次第
汎用性:★★☆☆
適正距離:中距離(全域)
対空性能:★★☆☆ ヒットスキャンポケット
ウルトの強さ:★★☆☆ 飛翔、範囲回復orダメブ、装填数∞
初心者オススメ度:★★★☆ 操作は簡単⇔味方依存しがち

アビリティ

カデュケウス・スタッフ

  • 射程:15m

操作設定にビーム接続切り替え(OFFで長押し)がある。やりやすい方に設定しよう。

回復

  • 回復量:55/s

1人にビームを繋ぎ回復する。
接続中の味方と射線が途切れても1秒間は接続が続く。

下記のダメブへの切り替えには時間がかからない。

回復量は低く見えるが、アナやバティストのようにリロードがないので安定する点が利点。

ダメージブースト

  • ダメージ:味方のダメージ+30%

1人にビームを繋ぎ、対象者の与えるダメージを増加する※通称ダメブ
修正により被弾時に接続から、攻撃発射時に接続すると増加するようになった。

ダメージが増加する=ウルトの貯まりが早くなる。
なので、強力なウルトや相手に効果的なウルトを持った味方のアシストにもなる。

スーパーチャージャーやナノブースト、アンプリケーションマトリックスと併用しても加算される。

ゼニの不和と差別化するためにも、味方との相性を考えるようにしよう(相性の良い味方後述)

カデュケウス・ブラスター:プロジェクタイル

  • ダメージ:20
  • ヘッドショット:あり
  • 装填数:20
  • リロード:1s

サブウェポンとなるハンドガン。
即着弾ではないが、ブレがなくHSも当てやすい。また、当たり判定が他ヒーローに比べ大きい。

距離減衰がないため、タレットを壊すのにも適している。

持ち替えがあるため基本的にはダメブの方が回復に繋ぎやすい。なので、基本的にはGA先がなく自衛する場合などに使おう。

ガーディアン・エンジェル

  • CT:1.5s

味方の元へ飛んでいく※通称GA
味方が散らばっても回復ができ、敵の攻撃から逃げるなど生存率を高める重要なアビリティである。

デスした味方の元へ飛ぶこともできる。
ポイントが取られそうな時デスするのも一つの手だが、GAを活かし敵の攻撃を避けポイントで粘れると非常に厄介。↓上手すぎw

マーシーがデスしたときは、GAによる復帰を早めるため迎えに行こう。

追加操作や地形を利用し軌道や距離を変化させることができる。

・GAキャンセル
GA中にもう一度ボタンを押す(初期設定)と、その場で停止し距離を短くできる。
クールダウンを早めることができる。
攻撃に巻き込まれる場合など状況に応じて判断しよう。

操作設定に、GA切り替え(OFFの場合は長押し)がある。
ON(初期設定)だと1ボタンと操作は簡単である。
しかしGAの距離を調整するにはOFF(長押し)の方が早くより正確にできるためOFFに慣れることを推奨する。

・GAジャンプ
GA中にジャンプすると、加速しながら対象の味方より飛び越える軌道に変化する。
復帰時や、敵との距離を離したい時に使おう。

・GAハイジャンプエッジブースト
味方とマーシーの間に乗り上げられる程度の障害物がある際に、GAジャンプを使うと上空に飛び上がることができる。
ジャンプのタイミングは障害物に当たるとき。
味方が高台にいなくとも上空へ逃げられる。

しゃがみGA垂直ジャンプ
しゃがみとほぼ同時にGAすると、通常時より低く滑空するようになる。
この時、GA終了間際、味方の対象に近づく際、元の高さに戻る挙動が起きる。
この挙動の最中にジャンプをすると、垂直に大きく飛ぶことが可能。

OW2ではGA発動中にしゃがみを押すだけで垂直ジャンプができるようになった。

障害物がなくともできるテクニックなので、マーシーを使う人は咄嗟にもできるように覚えておこう。

操作設定にGA‐ビーム接続を優先がある。
ON(初期設定)だとビーム接続中に他の対象にGAすることができない。
OFFにするとビームを接続しながら他の対象にGAできる。
ONには回復していた対象を見なくてもすぐ戻れる、壁越しでも可能な利点があるので、自分にあった設定にしよう。

リザレクト

  • CT:30s(デスしてもリセットされない)
  • 効果時間:1.75s
  • 範囲:5m
  • 移動速度:発動中-75%?

味方一人の体力を全回復し蘇生する。

クールタイムは重いが人数差が重要なOWではリスポーンを大幅に短縮できる強力なアビリティである。

しかし、発動中回復は出来ず無防備である。
また発動中にノックバックなどで距離を放されても不発となりクールダウンが発生する。それらの点から発動のタイミングは難しい。

味方が壊滅状態で一人を蘇生しても、その分のウルトをプレゼントする形になり、その対象者のリスポーンが余計に遅くなるためやってはいけない。

基本的には人数差が微有利で回復に余裕があるときに蘇生するのが無難。
開幕事故死した場合などは積極的に蘇生したいが、射線に注意し味方に守ってもらう、遮蔽物に隠れながら蘇生すると良い。

また苦手なヒーローがいるキャラはピックを変えてもらうためにあえて蘇生しない判断も必要。(その相手が変える判断をするかは別として)

蘇生する対象の判断も難しい。状況にもよるが、
・マーシーでは現状回復量が足りないため、相方ヒーラーは優先したい。
・ダメージよりもタンクを優先→前線を保つため。
・ウルトが貯まっているキャラを優先(ウェーブを返せる可能性↑⇔返せなかった時のリスクは高い)
・機動力がないキャラを優先→復帰の時間を短縮するため。
・マーシーとトレードする形でカウンターウルトが貯まっているルシオやゼニ。

非常に強力なアビリティであるが、センスも問われるアビリティである。

エンジェリック・ディセント

  • CT:なし

ジャンプを長押しすることで、高所からゆっくりと降下するようになる。

空中のファラについていく時、高台の味方から距離をおき見渡す時などに用いる。

ウィドウ、アッシュ、キャスディらに撃ち抜かれないように注意しよう。

リジェネレ―ション【パッシブ】

ロール:サポートのパッシブ効果が大幅に上昇する。

  • 1秒間被弾していないと体力が自動で20/s?回復する

このアビリティとGAの高機動を活かして、戦場を生き抜こう。

他サポートにも自動回復が付いたため、やや利点が損なわれた。

ヴァルキリー【ULT】

ヴァルキリー・スーツが強化され、15秒間以下の効果を得る。

  • 空中を自由に飛び回れる。ジャンプで上昇、しゃがみで降下する。
  • 回復量が60に上昇する。
  • 回復/ダメブの射程が2倍、その効果が対象者を中心に複数に行きわたる。
  • メイン射撃の弾速2倍、装填数が無限になる→ファイナルブロウに適している。
  • GAの範囲移動速度が上昇する
  • 自己回復が常時発動する
  • 追加のビームが敵のバリアを無視するように。

回復/ダメブ範囲は単体から複数になるものの瞬間回復量は大きく変わらない。
その為ゼニやルシオのようなカウンターとしてあまり適していない。先に使い押し切るように使おう。

自身が逃げる時などに使い起点とするのもあり(落とされて不発に終わらぬよう逃げ切れる時に使うこと→リスク大)

自由に飛べるが、ソルジャーやキャスディのウルトには注意。伸びる射程を活かし遮蔽物に隠れてウルトを避けよう。

基本的な立ち回り

自身で攻撃するのではなく、味方を回復/ダメブして戦う。
ビーム接続により自身と味方の位置がバレるため、特に最初の当たり合いでは接続のタイミングを見計らおう。

ナーフにより回復量が低下したため後手に回りやすい。
基本的にはダメブを活かしてダメージを支え(ポケット)人数差を作っていこう。タンクにべた付くのは厳禁。

メインヒーラーとしてアナやモイラと違い、敵に絡まれながら味方を回復/ダメブすることが可能(追い返すことはできないが)

囮になりGAでの高機動を活かし避けることで、敵の火力を分散、削げると良い。

サポートトップの機動力から高低差が多いマップでも扱いやすい(アナはマップにより位置取りの必要がある)

敵のスナイパーが上手い時は、機動力を活かし生存に繋げよう。

相性の良い味方

タンクロールなら
ウィンストン【Dive】
範囲攻撃であるためダメブの恩恵が大きい。上空へのジャンプでマーシーの逃げ先を作れる。

ダメージロールなら
ファラ、エコー
空中から盾の範囲外を狙うことが可能。空から味方を見渡せサポートがしやすい。スナイパーでないと落とすのは困難である。

・アッシュ、ウィドウ、ハンゾー、ソジョーンなど砂・ヒットスキャン系
中~遠距離から盾の範囲外を撃ち抜ける。マーシーの逃げ先を保証できる。アッシュは200属をワンキルできるようになり特に相性が良い。

・ゲンジ、トレーサー
キル速度が上がる。機動力があるため、マーシーも逃げやすく敵火力を分散できる。特にゲンジは風斬りの性質上、キル速度上昇の恩恵は大きい。無理せず自陣に戻る判断必要。

バスティオン、ジャンクラット
盾割りを早めることができる。ゼニの不和ではできない差別点。

サポートロールなら
・バティスト
タンクの回復に優れ、高台にアクセスできマーシーの逃げ先を作れる。互いにシューターと相性も良い。

・アナ
タンクの回復力は随一。

・ゼニヤッタ
相手に回復力で劣るため不和、ダメブを活かし前のめりに短期決戦を仕掛けよう。ウルトもカウンターとして強力。

対処法・アンチピック

蘇生で人数差を戻されるため真っ先にフォーカスしよう。
ノックバックがあり機動力のあるキャラ(ルシオ、ハモンドなど)は蘇生中に妨害できると良い。

タンクロールなら
・ウィンストン、ハモンド、D.va、ドゥーム【Dive】
機動力を活かしてフォーカスする。ウィンストンやハモンドを使用する際は、マーシーとビーム接続先の間に割り込めば、GAをしづらくすることができる。

・ハルト、ザリア・ジャンカー・クイーン【Rush】
スピブを活かして接敵し肉弾戦を仕掛ける。マーシーは安定した回復はできるが詰められると非常に弱い。

ダメージロールなら
・ソンブラなどフランカー
GAで逃げられる前にキルしきろう。ソンブラでハックすれば機動力を削げ一気にキルできる。

総評

OW2初期ではタンクが減り、試合展開が早くなったため、後手に回りやすサポート内で評価は低め(トレゲンソンブラが強いこともあり)

全盛期は即時範囲蘇生、高回復と手軽なメインヒーラーとしての地位を確立しピック率1位も記録。現在はリワーク、度重なるナーフ(下方修正)により以前ほどお手軽ヒーラーではなくなった。

【Goats】をメタるため度重なるダメージロールのバフも追い風で【4 DPS(141)】構成も生まれる。

高機動を活かし囮になりながら、味方に安定した回復ができる。GAのテクニック(垂直ジャンプはしやすくなった)、蘇生のタイミング、視野の広さなどセンスも問われるが、使えると輝る場面もあるだろう。

関連項目

主に使用される構成

  • 【Classic Dive】
  • 【312 Dive】
  • 【Pharah Mercy】
  • 【Pharah Mercy 4DPS(Anti Goats)】(141)
  • 【Ashe Mercy】
  • 【W Sniper】
  • 【El Presidente】
  • 【Pirate Ship】※海賊船or戦車
  • 【Symmetra Bastion】
  • 【Pick Comp】
  • 【NanoBleade】

※OW1のままです。すみません。

参考になる有名なプレイヤー

  • Aspen
  • VALE

など

タイトルとURLをコピーしました